京かまぼこ茨木屋本店のご案内

茨木屋本店

寺町本店

茨木屋は明治二年生まれ、まだ丁髷と結髪の時代。世は、東京遷都の動乱のなかにありました。維新前夜の陣痛、数々の事件・・・・・。

前年の鳥羽伏見の戦い、またそれに先立つ近江屋事件、さらに遡った蛤御門の戦いなど。そのなかにあっても、京のひとびとは、逞しく日々を営んでいました。この年、日本初の小学校を誕生させ、さらに数年後、女学校を・・・・・。

「人間の劇的ともいえる生命力の強さを、数千年の歴史にみせつけた」
茨木屋は、そんな時代に生まれました。

「維新を、日々」
いまも気持ちは変わりません。

茨木屋本店
茨木屋本店

「光宝満家」は、女流画家 上村松園女史の初代師匠として知られる、鈴木松年画伯(1849~1918年)に、繁栄と円満の思いを込め、いただいた言葉です。後ろから読むと「かまぼこ」と音読みができます。


茨木屋本店

「蒲鉾」と大書した右横に「第2回水産博覧会受賞」の添え書きがある。
明治30年11月、下関で開催された博覧会に出品した蒲鉾が有功三等賞を受賞。これを記念して作ったのが、この看板です。書は幕末から明治初期にかけて活躍した書家で詩人の江馬天江による。


茨木屋本店

旧本店の版画
2012年1月31日をもちまして閉店致しました。

茨木屋本店

歌舞伎、落語などで有名な
桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)
「お半長右衛門」、帯屋長右衛門の屋敷のあった場所にあります。201年4月11日には250回忌を行いました。
*落語「胴乱の幸助」

周辺地図


茨木屋本店

大正初期の茨木屋です。
寺町移転までその外観は変わりませんでした。


茨木屋本店

提灯箱


茨木屋本店

本店奥の おいなりさん
11月28日
お火焚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加